研修内容

目的

OJT指導員(OJTトレーナー)としての心構えを認識するとともに、指導される側である新人・若手の安心と成長を醸成するために必要な要素を体系的に学習し、習得する。

概要

現在、新人・若手の離職率が非常に高い状況にあります。また、実際に離職には至っていないものの、キャリア形成を考えた際に、組織環境に対して不安を抱いている組織人員は相当数に上ります。

そのような中で、多くの組織において、OJTの重要性を改めて再認識され始めてきています。

当研修では、昨今のOJTを取り巻く状況を確認したうえで、OJT指導員(OJTトレーナー)に求められる姿勢、能力について、座学と各種ワークを交えながらその習得を図ります。

研修で得られる要素

  1. OJT指導員(OJTトレーナー)としての不安を除去し、前向きな姿勢で行動することができる
  2. OJT指導員(OJTトレーナー)としての心構え
  3. OJT指導員(OJTトレーナー)に求められる『安心できる環境作りに必要な要素』と『成長できる環境作りに必要な要素』を体系的に習得できる

カリキュラム

時間項目狙い、得たい要素



















  1日
Ⅰ.研修目的の確認


Ⅱ.問題意識の具体化

1.テーマ

新人・若手が「のびのび」、「総じて楽しく」働くことができる職場とは、どのような職場環境であるか

■進め方
(1)個人でテーマについて考え、洗い出す(PW)

(2)班内で共有→議論を展開し、班の結論を出す(GW)


Ⅲ.トレーナーに求められる要素の全体像

1.安心させること

(1)心理的安全性の醸成(講義、PW)

(2)アサーティブコミュニケーションの実践(講義、PW)

(3)必要としていることを伝える(講義)


2.成長させること

(1)報連相打確の機能に向けたアプローチ(講義)

(2)指示の出し方 (講義、PW)

(3)仕事の任せ方を理解し、成功体験を積ませる(講義、PW)

(4)やる気スイッチの入れ方を知り、実践する

   ① 認め方 (講義)
 
   ② 叱り方 (講義)

(5)指導上のコミュニケーションスキルを実践する

   ① 指導上のコミュニケーションスキル 全体像(講義)

  ―ティーチング、コーチング、メンタリング、カウンセリング―

   ② ティーチングの練習

   ③ コーチングの練習


Ⅳ.OJT計画書の作成に伴うポイント解説

1.OJTの進め方(講義)

   ① 計画時  ② 実行時  ③ 検証・改善時

2.OJT計画書の記載ポイント(講義)

(1)指導項目(何を)

(2)期待レベル(どのような状態まで)

(3)指導方法(誰が、どのように)

(4)スケジュール(いつからいつまでに)

3.OJT計画書作成(PW)


Ⅴ.質疑応答





Ⅱについて
新人・若手の成長を図るためには、彼らが言いたいことを素直に言え、自分の存在意義を確認しながら、総じて楽しいと思える環境が必要です。
そこで、左記テーマでグループワークを行います。理想とする職場環境作りの壁となる要素を洗い出し、その壁の発生原因や払拭するための対策などを議論します。
議論の過程で、トレーナーとしての責任意識や危機意識の醸成も狙います。


Ⅲについて
トレーナーに求められる要素について、2つの切り口からシンプルに全体像を捉えます。
新人・若手を「安心」させ、「成長」させるために必要な要素を学びます。


Ⅳについて
OJT計画書の作成に伴うポイント(OJTの進め方、計画書の記載ポイントの理解)を解説します。その後、実際に作成する中で、疑問点などはその都度質問をして解決して頂き、全体で共有していきます。


■ セレアの指導員養成研修の特徴
1.トレーナーに求められるコミュニケーションの基礎スキル
以下2点の中で確認、修得していきます。
① 心理的安全性醸成に向けたコミュニケーションスキル
② アサーティブコミュニケーションスキル
以上2点を確認することで、新人・若手との良好な関係を構築しながら、彼らの成長を促進させることが可能となります。


2.ティーチングとコーチング能力向上
ティーチングとコーチングは指導員が指導する際の基本的なコミュニケーションスキルでございます。そのため、当研修では座学だけではなく、個人ワークとロールプレイングを交えて、より実践的な形式でその習得を図ります。